fc2ブログ
 

はいず 5 えらんど

日記とTRPGとWCCFに三国志大戦のブログ
 
 
プロフィール

子供の御使い

Author:子供の御使い
子供の御使いと書いてこどものおつかいと読みます。趣味は、読書、ゲーム、TRPG、サッカー観戦、プロレス観戦、映画鑑賞。面白いものに飛びつくとずるずるとはまる性質の持ち主。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

WCCF05-06 其の弐十 ドラゴンの心臓! 

今年最後のWCCF日記。
まず残り任期が3試合だったR・I・Pをやり収めしてきました。
最後にコンチネンタルカップを取って任期終了。
最終成績は、こんな感じ。

■チーム名:R・I・P(読み:レスト・イン・ピース)
■成績:66勝20敗24分け
■チームニックネーム:アメリカのシンボル→アメリカのエリート
■獲得タイトル:エンタープライズカップ 二部リーグ優勝  
キングスカップ チャンピオンズトロフィー ジャパントロフィー
コンチネンタルカップ
┏━┳━┳━━━┳━┳━┓16ホセ・アントニオ・レジェス(04-05)
┃□┃□┗━━━┛□┃□┃15ロビン・ファン・ペルシー
┃□┃10□□□□□11┃□┃14ヘドビゲス・マドゥーロ
┃□┗━━━━━━━┛□┃13オレゲール・プレサス
┃□□□□□□□□□□□┃12クリス
┃08■■■■■■■■■09┃
┃■■■■■■■■■■■┃11■ロイ・マカーイ
┃■■■■■■■■■■■┃10ヨン・カリュー
┣━━━━━━━━━━━┫09■アレクサンドル・フレブ
┃■■■■■■■■■■■┃08■デヤン・スタンコビッチ(05-06)
┃■■■06■■■07■■■┃07エステバン・カンビアッソ(04-05)
┃02□□□□□□□□□05┃06■ロイ・キーン
┃□□□□□□□□□□□┃05ヨーン・ヘイティンガ(05-06)
┃□┏━03━━━04━┓□┃04■ラファエル・マルケス
┃□┃□□□□□□□┃□┃03アレックス(05-06)
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃02ヨン・アルセ・リーセ(05-06)
┗━┻━┻━01━┻━┻━┛01ゴメス

●選手の使用感
■Gk ゴメス
特に可もなく不可もなくといった印象。
飛び出しも普通かな。
PK戦には弱い感じを受けた。

■DF ヨン・アルネ・リーセ
サイドの除雪車の通りにサイドに来た敵FWからボールを奪いまくる。
スピードが高くよく追いつきパワーが高いおかげで当たり負けもしない選手。
サイドの高い位置で相手DFからボールを奪ってくれることもあるのもいいです。
サイドからオーバーラップを見せるもの魅力。
DF11の数値よりも守ってくれる印象。
CPUチームのリーセが左MFの位置にいてやたらとサイド突破してくるのにてこずったこともありました。

■DF アレックス
エースキラーのスキル通り敵FWを止めてくれます。
最終ラインで待ち受けて敵FWを止める感じのDF。

■DF ラファエル・マルケス
よく動いてボールを奪うDF。
どちららかといえばMFやサイドバックが抜かれた後のカバーに走り回ってた印象がある。
ボールを奪ってから前線にオーバーラップすることもしばしば。
パスも上手くオーバーラップ後のパスがアシストになることもありまいた。

■DF ヨーン・ヘイティンガ
普段は、目立たずに堅実に右サイドを守り続けるDF。
だが忘れたころに突如牙を剥き果敢なオーバーラップを見せてアシストをあげる。
まさに必殺仕事人。
でも大概の時間は大人しくしている。

■MF ロイ・キーン
中盤から左サイドまで走り回りボールを取り返す闘将。
相手がパスを受けた足元をスライディングタックルでボールを奪いそこから果敢に中央へと駆け上がっていくこともある。
パスセンスもよくロイ・マカーイとのロ・ロコンビは黄金連繋。
なんだかんだで15アシストくらいあげてます。
個人的に好きな一枚。

■MF エステバン・カンビアッソ
数値から受ける印象以上に力強くボールを奪う感じ。
こちらもロイ・キーンに負けじとボールを奪うために走り回ってました。
動く範囲は、中央付近で右サイドまではこない。
パスもよくつないでくれました。
ロイ・キーンと比べるとドリブルが少なくボールを奪ったらすぐにパスをだすという印象。
ヨン・カリューと黄金連繋。

■MF ダヤン・スタンコビッチ
サイドのドリブル突破から切り込んでシュートもしくはクロス、中央へのスルーパスと色んなことをしてくる選手。
どれもそつなくこなすがこれだ!という決め手がないという感じか?

■MF アレクサンドル・フレブ
経験が溜まるまではあまり活躍しないが経験がたまるとドリブル突破しまくってくれます。相手が足が遅いとなおさら。
クロスもなかなか上手い。
けどサイド突破から切り込んでのシュートは決定率が低い
サイドからの決定率は、感覚的にはジュリ>黒メッシ>フレブという感じ。
パワーが低いのでよく敵DFとぶつかると転がる。

■FW ヨン・カリュー
70試合55得点9アシスト。
トラップとドリブルが上手くまたパワーが高いおかげでDFを弾き飛ばしてドリブル突破していく優秀なストライカー。
が、高身長の割りにヘディングをほとんどしない。
はて?バレンシア時代は、シュートよりアシストが目立ってた選手だった気が?
しかし白カードとしてはとても優秀。
たまにGKとの1対1で外すのはご愛嬌。

■FW ロイ・マカーイ
70試合50得点29アシスト。
得点、アシスト共に二桁。
使用した試合でゴールの枠を外したシュートは僅か一本。
外す時は、クロスバーかポストにぶつけるという驚異的な精度のシュートを放つ。
シュートしたボールの速度も速くゴール左上の隅に突き刺さるように入るのが印象的。
どちらかといえば周りがゴールを入れる段取りを作ってやり仕上げをするというタイプかな。
経験が溜まってくるとアシストもこなすようになります。

キラカードがあまりにも引けないので始めてみたチームでしたが楽しかったです。
特にヨン・カリューの活躍っぷりが嬉しい誤算。
また同じコンセプトで違った選手を使ってみようかなと思います。
次使うとしたらジラルディーノとかフォルラン、ダイスラー、PK戦で踊ると噂があるディデュクあたりを使ってみようかなと思います。

ついでこの前から始めた新チームの成績

■チーム名:サルト・フィニート
■成績:28勝4敗5分け
■チームニックネーム:泉の常勝軍団→イタリアの英雄
■獲得タイトル::キングスカップ ナショナルスーパーカップ
二部リーグ優勝
┏━┳━┳━━━┳━┳━┓16フレッジ
┃□┃□┗━━━┛□┃□┃15ルイス・ガルシア
┃□┃□□□11□□□┃□┃14エジミウソン
┃□┗━━━━━━━┛□┃13ネルソン・ヴィヴァス
┃□□□□□10□□□□□┃12ジョルジュ・アンドラーテ
┃08■■■■■■■■■09┃
┃■■■■■■■■■■■┃11■WST ファン・ニステルローイ
┃■■■■■■■■■■■┃10■BAN フランチェスコ・トッティ
┣━━━━━━━━━━━┫09フランク・リベリー
┃■■■■■■■■■■■┃08■WSA アリエン・ロッベン(04-05)
┃■■■06■■■07■■■┃07オリビエ・ダクール(04-05)
┃02□□□□□□□□□05┃06■WCA クロード・マケレレ
┃□□□□□□□□□□□┃05ダリオ・シミッチ
┃□┏━03━━━04━┓□┃04ゴンザロ・ロドリゲス
┃□┃□□□□□□□┃□┃03■IT F・カンナヴァロ
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃02ガブリエル・エインセ
┗━┻━┻━01━┻━┻━┛01ジュリオ・セーザル

ようやく一部に昇格。
エンタープライズカップに出場するも決勝で敗北。
あとシミッチさんが動きすぎ右サイドががら空きになることが多くなってきました。
中央で止めてくれる時は、いいんですが抜かれて右サイドにパスを出された時なんて(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル)
ダクールも最近、ボールを奪った後にドリブルで中央に飛び出してくることが多くなりました。
あとルート・ファン・ニステルローイは、高い位置でボールをもらうと右サイドに向かってドリブルをする気がするんですが気のせいでしょうか?

●引いたキラカード
モルガン・デ・サンクティス→チェザーレ・ボボ→アラン・スミス→
アルベルト・ジラルディーノ→ジョゼ・デウフィム→
マンシーニ→ビカシュ・ドラソー→LE パオロ・マルディーニ

なんかカード未払いによくなるなぁと思ってたら8クレ目に見たことがない裏面に謎のTの文字。
初LEキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! と思って表を見てみるとなんとマルディーニ!
嬉しくてたまりませんでした。
10クレで引けたののも最高でした。

で、翌日、再び10クレプレイ。
セバスチャン・ダイスラー→タイタス・ブランブル→エルナン・クレスポマリオ・ジュぺス→ロベルト・センシーニ→
アレッシオ・タッキナルディ→アレッサンドロ・デル・ピエロ
タエ・タイオ→ロケ・サンタクルス→LEポール・スコールズ

なんか持ってないカードばかり引くなぁと思ったら10クレ目にLEポール・スコールズが降臨!!
二日続けてLEが引けて幸せな年末でした。
で、引けた要因を考えてみたら二日ともWCCFをしながらプレイの合間に哭きの竜を読んでいた。
つまり・・・「竜~!お前の運をわしにくれ~!」
ということか!
「あんた、背中がすすけてるぜ・・」
でも哭きの竜で一番好きなセリフは。
「ひとつさらせば自分をさらす。
ふたつさらせば全てが見える
みっつさらせば地獄が見る
見える見える 墜ちるさま」
だったり。
ところで蛍返しって何を返してるんでしょうか?手牌?
というわけで今度のチームは、LEポール・スコールズとLEマルディーニが入ったチームにしようかなぁ。
スコールズはどのポジションがいいのかなぁ?
何でもできる印象があるので。
センターハーフかトップ下かなぁ?





スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hiz5errnd.blog42.fc2.com/tb.php/294-a1c94b5d
ブログ内検索
RSSフィード
リンク